クラシック音楽入門

買ってみたらカラコン乱視用だったけど、それがモーツァルトはとっては普通みたいな。

Written on 2016年6月10日   By   in バイエル

モーツァルトはとても個性的な人物だということは有名です。
「俺の尻をなめろ」という曲を作ったり、モーツァルトが自分の曲を、
勝手に編曲した作曲家、下手に演奏した演奏家を嘲笑してつくった
「音楽の冗談」という曲など、天才という言葉だけではちょっとどうかと思う
奇天烈な性格の持ち主。
普通の人だったら、例えば普通のカラコンが欲しかったのに、
買ってみたらカラコン乱視用だったけど、それがモーツァルトはとっては
普通みたいな感じでしょうか。
「俺の尻をなめろ」も「音楽の冗談」も題名を知らず知識もなく聞いたら、
あらなんていい曲。って思うのですから、
モーツァルトは良い性格してますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です