メンズリングに18金が多いのは、強度の問題。

音楽には、よく金などの名称がもちいられますよね。
金ではgold rushや24caratが曲の名称に多い気がします。
24金は99.99%の純粋な金で、輝かしいイメージと純度の高さから
純粋さを曲のイメージに使いやすいのでしょう。
よくメンズリングに18金が多いのは、強度の問題ですね。
純度の高い金は変形しやすいですから、純粋でも脆いんです。
反対にgold rushは開拓期の活気があって金の、力強さが前面に出せますね。
こういう風に考えると、クラシックな荘厳な曲調から単調で静かな曲まで、
金の持つイメージは相性がいいんだな、と改めて思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です